ペット葬儀の後ペット霊園で手厚く供養を

ペット葬儀の後は手厚い供養を

ペット霊園は管理を十分に行なってくれるから安心

現在高齢で、あと何年供養できるか分からない……という方は、ペット霊園に供養や管理をお願いするとよいでしょう。管理体制が整っているので、安心して任せることができます。

ペット霊園に供養を依頼する

供養方法の1つに、「ペット霊園を利用する」という方法があります。ペット霊園は、毎年供養祭を行なったり、遺骨をセキュリティ面に優れた場所で管理したりと、様々なサービスを提供しています。また霊園は常に清潔で供養しやすい環境に整えられているので、いつでも良い状態でお参りできるようになっています。

3つの供養方法

ペット葬儀を行なった後、ペット霊園に供養を依頼する場合は、主に以下の3つの供養方法から1つを選ばなければなりません。それぞれの特徴を見ていきましょう。

合同慰霊塔
他のペットと一緒に供養する慰霊塔で、ペット霊園における供養方法の中では特にポピュラーな方法です。一度供養碑を納めれば、その後は管理費や年間費が一切発生しないという点がメリットとして挙げられます。毎年行なわれる供養祭では他のペットと一緒にしっかり供養してもらえるので、高齢の利用者に特に人気があります。
納骨堂
一般的な納骨堂同様、ペット霊園にもペット専用の納骨堂があります。ほとんどのペット霊園が納骨堂の利用に際し年間費を設けており、その料金も結構高めです。ただ、合同慰霊塔に比べ費用こそかかってしまうものの、納骨されている区画を自分好みにアレンジできるというサービスをはじめ、霊園によっていろいろなサービスが提供されていることもあり、合同慰霊塔に劣らない人気を持っています。
個別墓
ペット霊園によっては、個別の墓を設置できるスペースを設けているところもあります。そこを購入すれば、自分が飼っていたペット専用のお墓を置くことができます。ただ上の2つの供養方法に比べ、かかる費用がかなり大きくなってしまいます。ただ、ペットを家族の一員とし手厚く供養したいという気持ちがあり、かつ費用面を特に懸念していないという方にとっては、理想的な供養方法と言えるかもしれません。