ペット葬儀を行なった後は自宅で供養を

ペット葬儀の後は手厚い供養を

自宅供養が多いのはなぜ~愛するペットに感謝を伝えよう~

犬と人

長年家族の一員として共にしてきたペットと離れてしまうのは、とても辛く、そして寂しいものです。そのため近年、ペット葬儀を終えた後自宅供養を行なう、という人が増えてきています。そこで、自宅供養について少し見ていきましょう。

ペット葬儀後は自宅供養を希望する人が多い

いろいろな供養方法がある中で自宅供養という選択肢を選ぶ人が多い背景には、「身近な場所に(遺骨を)置いておきたい」「他のペットと同じ場所に納まるのに抵抗がある」などといった飼い主の強い気持ちがあるようです。また、ペット葬儀業者が遺骨ペンダントや遺毛ブレスレット、ミニサイズのお墓などの商品を販売するようになったのも自宅供養の人気に拍車をかけています。

自宅供養に必要なもの

  • ペット専用の仏壇
  • お線香
  • 遺影写真
  • 五具足

これらはどれも自宅供養のときに必要になるものです。ペットショップやデパートなどでは販売されていないものばかりなので、ペット葬儀を行なってもらったところが委託している霊園や、ネット通販などで取り寄せるとよいでしょう。

ペット葬儀後は自宅供養をしませんか?

自宅供養はどなたでも行なえますが、庭やベランダがあるという方はより手軽に、そして手厚く供養することができます。

庭やベランダで自宅供養ができる

粉骨してお花を植える供養
遺骨をパウダー状にして、それをプランターに入れ花を植え供養する、という供養方法のことを「お花供養」と言います。あまり幅を取らないので、庭やベランダなど好きな場所に置いておけます。
遺骨を庭に埋葬して供養
ベランダをお持ちの方は、庭に遺骨を埋葬するのも良いかもしれません。その際は、遺骨はパウダー状にしておきましょう。ペットの名前を刻んだ小さめの碑や記念の樹木を植えると、ペットも喜んでくれるでしょう。
庭に小さいお墓を置いて供養
ペット用のミニお墓を利用すれば、庭やベランダ、屋内など好きな場所で自宅供養をすることができます。このアイテムはペット葬儀業者や通販などで販売されています。