供養の仕方はいろいろ【ペット葬儀の後の供養法について】

ペット葬儀の後は手厚い供養を

ペット葬儀後の遺骨はどうする?~供養のあり方~

「ペット葬儀を済ませた後に業者から遺骨を受け取ったのだが、それをどう扱えばよいか分からない」という方は結構多いです。葬儀後の遺骨の供養方法を分かりやすく説明していきます。

供養って一体なに?

供養とはお墓やお寺などで、亡くなった者に対し手を合わせお参りをすることを言います。これはペットにおいても同様のことが言え、ペットの場合遺骨を納めているペット専用の霊園やお寺などで行なうケースが多い傾向にあります。また、供養方法にもいろいろな種類があります。

ペット葬儀後の供養方法は様々

ペット供養の方法は実に様々です。返骨後、どの方法で供養するかは依頼者の自由なので、じっくり考えましょう。

  • ペット霊園・納骨堂などに埋葬及び納骨をする
  • 自宅に引き取り、忌日にペット霊園や納骨堂などに埋葬及び納骨する
  • 遺骨をペンダントやブレスレットなどのアクセサリーに加工し手元供養する
  • 骨壷に入れ自宅供養する
  • 樹木葬や海洋葬などの方法(散骨)で供養する

このように、ペット供養にはいろいろな方法があることが分かります。自身の状況はもちろん、どの方法を選べばペットが喜んでくれるか、ということも踏まえて考えましょう。

手元供養が人気

十字架

手元供養とは、ペット葬儀が終わった後、遺体の一部を手元に置いて供養する方法のことです。遺体の一部としては、主に遺骨の一部や遺毛がよく使われます。手元供養の良い点は、骨壷に入れてリビングの目立つ場所に置いたり、ペンダントやチョーカーなどに入れて身に付けたりと、供養の仕方にたくさんの選択肢があるというところです。海外では結構メジャーな供養法として知られていましたが、日本で認知され始めたのはここ最近のことです。

家族の一員だからこそ供養は大事

ペット葬儀というサービスについては知っているものの、供養の仕方やペット霊園の存在などは知らないという人は案外少なくありません。日本人は昔から様々な動物を身近な存在として、最近では犬や猫を筆頭に多くの動物をペットとして飼ってきました。「ペットではなく家族の一員」としている人も多いでしょう。家族として長く一緒に生活して、もしそのときが来てしまったら、きちんと葬儀を行ない供養をしてあげましょう。

忌日がきたらしっかりとご冥福を祈ってあげましょう

ペットが息を引き取り、ペット葬儀を行ない供養してあげた後は、初七日や四十九日などの忌日にもちゃんと供養をしてあげましょう。天国にいるペットもきっと喜んでくれるはずです。

人間と同じようにペット葬儀後は忌日に供養をしてあげましょう

ペットの忌日
ペットにおける忌日は、人間とほとんど同じです。具体例を挙げると、初七日、三十五日、四十九日、百か日、一周忌、三回忌、七回忌などとなります。基本的に七の倍数の日と考えておくとよいでしょう。
ペット霊園で供養可能
ペット葬儀後、遺骨を返骨してもらいそれを自宅で管理しているという人は、忌日を迎えるタイミングでペット霊園に供養・納骨をするのも良いかもしれません。現在国内にある多くのペット霊園が、四十九日に葬儀・納骨をすることを勧めています。ペット霊園は遺骨を丁重に管理してくれるので、忌日だけでなくいつでもお参りしに来ることができます。